通話料を安く抑えたいならIPフォンにお任せ

需要が高まっているIPフォン

インターネットの急速な普及に伴い、IPフォンの需要も高まっています。特徴を知ってIPフォンの導入を検討してみませんか。まず、下記ではIP電話の種類を紹介していきます。

IP電話の種類とは

一般電話同士の通話ができるPhone to Phone型

すでに一般電話を取り入れている所も使えるサービスです。気軽に取り入れることができます。距離の差によって通話料金が変動しないので、遠方にかける際はとてもお得になります。

それぞれの局を結ぶ中継型IP電話

中継局を利用して通話を行うので、モデムなどの機器を追加で準備する必要がありません。距離によって通話代が変わってきますが、音声の品質が高いです。

パソコンから通話できるインターネット電話

ヘッドセットなどでやり取りを行います。音声のみではなく、文章を通じたコミュニケーションも可能です。相手が遠くにいても料金の変動はありません。

通話料を安く抑えたいならIPフォンにお任せ

ウーマン

電話回線の工事が必要ない

従来の固定電話では、専用の回線を利用するため、工事が必要となる場合もあります。しかし、IPフォンはネットの回線を使うので、工事を依頼する手間がかかりません。

基本料金や通話代が安い

IPフォンは機器を借りる料金が発生しますが、基本料金はないかもしくは数百円である所がほとんどです。また、通話代も均一であることが多いので、通話の利用が多い会社にとってはお得です。

通話が無料でできる

自社で使っているプロパイダ間に提携があれば、その中のIP電話同士で無料で通話を行うことができます。うまく活用すれば、大幅に通話料を抑えられます。

IPフォンの特徴を知る

IPフォンの様々な特徴を知って、自社に合った電話の導入を検討してみて下さい。すでに電話回線を使用している場合でもお得に活用できますよ。